女らしいロングヘア。

だけどロングヘアのアレンジって長い分、難しいですよね。

髪が乾くのも遅いし、切ってしまいたくなる衝動も・・

そんな時、見て真似したくなるのは、女性から絶大な支持を得る美容研究家の神崎恵さんのヘアアレンジ!

神崎さん曰く、「大人になると、顔の造作やスタイル以上に大事なのが雰囲気。なんだか美人、なんだかおしゃれな人たちの、その“なんだか”を演出するのが実は“髪”なんです。

物理的に面積が顔よりも大きい髪は、メイク以上にいろんな表現ができるし、その効果もメイク以上」なんだとか。

「だから大人のキレイはメイクより髪、髪で8割が決まると思います。ただ今どき完璧にセットされたツヤツヤのダウンスタイルにこだわる必要は全くなくて、エイジングサインは経験やテクニックを日々更新することでカバー。大切なのは魅せ方で、どれだけ“いろんな髪”をもっているかが勝負。“いろんな髪=いろんな顔”を自在に操れたら、大人はもっと魅力的になると思うんです」

せっかくのロングヘア、魅力的な大人ヘアーにするべく、神崎さんを参考に!大人のヘアアレンジをご紹介します。

ロングヘアアレンジ・まあるいポニーテール

ざくっとまとめられたポニーテール。

髪はあまり巻かずにストレートニュアンスにしたまま、表面に凹凸がでるよう手ぐしでまとめてアゴと耳を結んだラインで結ぶ。

後頭部がまあるい形になるよう、結び目を持ちながら髪をひきだしたら完成です。

テール部分と後頭部の髪の距離が近づくくらいにするのがポイント!

ロングヘアアレンジ・大人なお団子

こなれ感を演出できる、大人のお団子ヘア。ゆるっとさせた雰囲気にすると、かわいいです。

実はお団子は丸顔の方に最適!高さが出るのでシルエットが面長になり顔の丸さを緩和させてくれます。

まずは全体をミックス巻きにしてオイルをなじませたら、高い位置で一つ結びに。

その毛束を2つに分けたら、人束ずつねじって、結んだ根元にそれぞれ巻きつけてピンで止めるだけ。

最後にお団子部分、トップ、顔まわりを指で少量ずつ引き出してゆるめていったら完成です。

ポイントは事前に強めに巻いておくこと&たくさん引き出して質感をゆるめること!

ロングヘアアレンジ・ゆるっと一つ結び

誰でもできる定番ヘアアレンジなのに大人っぽさを引き出せるヘアスタイルといえば”ひとつ結び”!でもただ結ぶだけじゃ、手抜きアレンジに見えちゃうこともあるので、アレンジを忘れずに。

まず最初に全体を軽く巻きます。

結んでしまうので、MIXに軽くでOk!巻くのと巻かないのでは仕上げりに差が出ます。

もし時間がなければ、結んだ後に毛先を巻くのでもOK。

顔周りの後れ毛をたっぷり出したら、耳の後ろくらいの高さで結びます。

その後バランスを見ながら、こめかみ、耳前、耳後ろ、襟足から後れ毛を出してみて。

結び目を持ちながら引き出すとやりやすいです。

最後に結び目のゴムに髪を人束巻きつけて隠したら完成!大ぶりのピアスがよく似合います。

ロングヘアアレンジ・実は簡単、シニヨンスタイル

一見難しそうで、敬遠する人も多いシニヨン。でも実はやり方はとっても簡単!

はじめに髪を下の位置でゆるく結び、まとめた髪をくるりんぱ。

くるりんぱした後の毛先は半分に分け、その分けた髪を毛先までねじってクルリンパの中に入れ込みます。

最後にヘアゴムで全体をお団子の形になるよう結ぶだけ!

どんなまとめ髪でも、ポイントは全体のシルエットを左右する“まとめる位置”。

うなじに沿うような襟足ギリギリの低め位置でまとめると大人っぽく。無造作にまとめただけのシニヨンも、この数ミリの高さの違いでこなれ感に差が出ます。

その後、まとめた髪から少しずつ後れ毛を引き出しましょう。

後れ毛に大切なことは、その目的とバランス。

〝鎖骨をキレイに見せたい〟という目的があるのなら、鎖骨の上で毛先が揺れるように、バランスを見ながら後れ毛を出します。

さらに、ただ出しただけの後れ毛はだらしなく見えるので、アイロンでふんわり巻いてニュアンスを。

これにより揺れる毛先に目が行き、必然的に鎖骨にも視線が集まります。後れ毛があることで肌に陰影ができツヤを強調、またふわっと柔らかな雰囲気を醸し出すこともできるんです。

ロングヘアアレンジ・ゆるふわダウンスタイル

華やかにしたいときには、やっぱり巻き髪!きつく巻きすぎると大人のニュアンスが出ないので、あくまでもゆるく、太めのコテで。

甘すぎたり古くさくならないためにも、意識したいのは“空気感”。巻いたら必ず、ほぐしてくずす事を忘れずに。

空気をはらませて、柔らかそうに見せることが大人の巻き髪が垢抜けるコツです。

ロングヘアアレンジ・ナチュラルストレート

最後は王道のストレートヘア!

ナチュラルストレートといっても、何もしないのはただの手抜きになって位しまうので、メイク同様、大人のナチュラルにはひと手間がマストです。

全体をアイロンなどで軽く内巻きにしたら、顔周りの部分だけあえてリバース巻きに。

こうすると髪に表情が生まれ、ナチュラルな中にも色気が漂います。

なめらかな手触りを誘う、ツヤ感のあるちゅるんストレートの出来上がり!ストレートヘアにする時は、髪のお手入れをまず入念に。

 

彼の手が思わず伸びてしまう、触り心地のよさそうな大人の女性ヘアスタイル。

簡単でも手間をかけている感じに仕上げ流のがポイントです。

凝ったアレンジは、髪だけを悪目立ちさせてしまう…。

正直、大人は顔や雰囲気になじむシンプルなまとめ髪さえあればいい。

その分、後れ毛や毛先のあしらいにはひと工夫を。垂らすのかまとめるのか、カールの有無や強弱、それだけでまとめ髪の表情はグッと広がります。

神崎さんのヘアスタイルと、それに対するアドバイスをぜひ参考にしてみて下さい。